レコーディングエンジニア 宮島哲博
008. 1/4下げチューニング
アズリータさん
AC/DCのコピーをする際に、チューニングが合いません。
ネットで調べると、「半音下げまで下がらない」や「1/4下げ」チューニングなど・・・
市販のチューナーで、どのようにすればよいか教えて下さい!
AC/DCは年代によってもアルバムによってもチューニングが違うみたいですね。
まず何でそんなことするかと言うと、ギターやベースのチューニングを基準より下げると
ヘビーな感じが出るからです。
弦楽器は弦テンションが低くなると「ドローン」とした雰囲気となり、これが重圧感のある
ハードロックにぴったりのサウンドになるのです。
AC/DCがそれを可能にするのはキーボード等の楽器が入ってないから。
音程を持ってるのはギターとベースだけなので自由に好きなチューニングが可能な訳です。
だからきっちり半音とかクオーターのチューニングにはならない。
好きな響きのチューニングにすればよいのです。
Van Hallenは半音下げチューニングで有名ですが、こちらはちょいちょいピアノやシンセサイザーが
入ってるのでキーボードに合わせたキッチリとしたチューニングになってますね。

あと同じような効果を狙ったレコーディング・テクニックも以前は使っていました。
それは録る時にテープレコーダーの回転を少しだけ早くして【※1】録音、
再生する時には通常の回転に戻して再生。
こうするとチューニング下げした時と同じようにヘビーな感じになります。
これやるとキーがかなり微妙な状況になるからもしかするとAC/DCもやっていたかもね。

なので答えとしては、チューナーを使わないで耳で聴いて合わせるしかないです。

【※1】テンポも変わるわけなのであまり激しくはできないのだ
BACK