レコーディングエンジニア 宮島哲博
021. ヘッドフォンかイヤホン
パズーさん
宮ちゃんさま
はじめまして!
皆さんがこだわって作ったCDをそのままの音で聴きたいです。
おすすめのイヤホンや機器を教えてください。
022. ヘッドフォンかイヤホン
ミヤちゃん。さん
オススメのイヤホンを教えてください。
通勤のときに使うiPhoneとかのイヤホンです。
あんまり高くないやつを教えてください。
023. イヤホン
あにゃにょさん
宮ちゃんさん。今日も今日とてお疲れさまです。
教えてほしいことがあります。
通勤等、ウォークマンで曲を聴くことが多いのですが
イヤホンが壊れて新しいのを買うたびに音が違って聞こえるように感じます。
鳥肌たつようなギターとかベースだったのに、たたなくなるような…。
某サイト等でランキングを見て購入してもなんとなく違うし。
好みなんでしょうけど失敗したくはないし…。
パッケージ裏のわけのわからない数字を頼りにと軽く検索して勉強しようとしても
イヤホン特集の雑誌を参考にしても
白目になるだけなんです…さっぱりわからない。
伝えづらいとは思いますが教えてください。
再生周波数っていうとこの幅が広いのを買うようにはしてるのですが。
イヤホンのポイントを教えてください!
これは似たような質問が一気に登場です。
僕はヘッドフォンやイヤフォンで聴くより出来るだけスピーカーで聴きたい派なんですね。
だからこの質問の答えはとても難しい。
とはいえスピーカーで聴けない環境の場合もあるので一応両方持っています。
ヘッドフォンはSONY MDR-CD900ST(Fig.1)、イヤフォンはSONY MDR-EX800ST(Fig.2)。
MDR-CD900STは1989年発売だそうでもう27年、考えられないくらい息の長い製品ですね。
今でも日本のスタジオでの使用率はブッチギリ。あくまでスタジオではのお話ね。
何故これほど普及したかと言うと、サウンド自体は素直で癖もない。レコーディングでは大事なことで
外部への音漏れも少ない。長年仕様変更していないので安定している。
そして多分イチバンの理由はこのヘッドフォンの音にみんな慣れてるってこと。
だからこのヘッドフォンは音がイイから使ってる訳ではないのです。勿論悪くはないよ。
この900STの流れを汲むイヤフォンの800STも素直で聴きやすい。
でもこの二つより良い製品はたくさんあるでしょう。
あわせてこれらより値段が高くて巷の評判も良いけれど全然ダメな製品もたくさんあることと思います。

僕だったらどうするだろう?
事前にインターネットで各メーカーで自分が狙ってる価格帯の製品を調べる。
そして軽く評判なんかも調べてみるね。
最近は都内だけど大手の家電量販店にはイヤフォンコーナーが設置してあり、また秋葉原には専門店も数軒あり
何十種類ものイヤフォンが試聴可能になってます。自分がいつも使ってるオーディオプレーヤーと
そしていつも使ってるイヤフォンも持参して試聴しまくるかなぁ。
あとは友達や知り合いがイヤフォンを持ってるなら借りて聴き比べしてみるのもイイと思う。

試聴する時にひとつだけ注意すること、それは聴感上の音量をボリュームを調節して合わせること。
イヤフォンやヘッドフォンは機種によって音量が全然違うんだ。
大きな音で聴くと小さく聴いてる時よりは良く聞こえちゃう傾向があるから気をつけて。
スペックの読み方も「形式」「再生周波数」「最大入力」なんて無視しちゃってよしだし、
「音圧感度」は少し関係あるけど一番見てほしいのが「インピーダンス」。
高性能なオーディオプレーヤーで聴くなら問題ないけどあまりに高インピーダンスな製品だと、
スマホとかではその能力を発揮出来ない可能性も。
インピーダンス16Ωのイヤフォンと32Ωのイヤフォンを比べたら16Ωの方が大きな音量で聞こえる。
ただこのインピーダンスは音の善し悪しではないのであしからず。

逆にみなさんが試聴して良いイヤフォンあったら教えてくださいね!!


Fig.1【MDR-CD900ST】


Fig.2【MDR-EX800ST】
BACK