レコーディングエンジニア 宮島哲博
019. ハイになってハイハイ
ヨッシーさん
ハイになってハイハイの1分48秒くらいと所でギターのタッピングのリズムが
ちょっとくるってる気がするのですがあれはそういうリズムなのですか?
それならいいのですがなんか気になって周りの友達にも聞いてみたら、
たしかにちょっとおかしいねって言われたので関係ないかも知れませんが質問させてもらいました(>_<)ヽ
宜しくお願いします
020. ハイになってハイハイの
マユンさん
はじめまして早速ですが質問です。

先日のテレビで見たというのもありますが、[ミスをそのまま]というライブ感満載で
ユニコーンのレコーディングを行なわれているみたいですね。

ハイになってハイハイのアコギが、途中違和感あるのもそのためなんでしょうか?
録り直さなかったということでしょうか?

「ループやなかったんかい!」とツッこんでしまったと同時にスゲーカッコいい、ニクいなぁ思ってしまったのも事実です。

ぶっちゃけミスったのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。
この二つの質問は面白いよね。
1人は「変だなぁ、おかしいな」
1人は「違和感あるけどカッコいい」と。
ギターのアルペジオ、当たり前だけどループなんかはさせていないよ。

実際に生でレコーディングしている際、ミスすることが無いとは言わない。
明らかに大きく失敗した時はもう1度全部やったり、部分的に直したり修正したりは勿論します。
でもこの箇所をそのままにしたのは影響ないと判断したからなんでしょうね。
実際僕も聴き直すまで忘れてましたから(笑)

ここ十数年、レコーディングの際のオーディオ・レコーダーが磁気テープを使う方式から
PCとPro Tools等のDAWを使った方式へと移行して、直したりEDITしたりする作業が飛躍的に向上しました。
それは良いところも沢山ありますよ、でもそれと同時に弊害もあるのだと僕は思います。
レコーディングと言うものが「素晴らしい良い演奏を収録する作業」から「間違いのないキッチリした演奏を作り上げる作業」と奇妙な方向に。

違和感やおかしいかな?と思ってもそれを含めて楽しんでくださいね!!
BACK