レコーディングエンジニア 宮島哲博
演奏中のイヤホンについて
ヌマータさん
先日、武道館でユニコーンのライヴを観たのですが、
メンバーがイヤホンをしているようでした。
あれは、メトロノーム的なものですか?
それとも民生さんのイヤホンであれば歌詞が事前に聞こえたりするのかな?
テッチさんだったらリズムが崩れないようにドラムの音だけが
聞こえたりとか?宮ちゃん、教えてください〜!
さてさて、ヌマータさん。
なかなかナイスな質問ありがとうございます。確かに奥田君は事前に歌詞が聞こえてくると喜ぶでしょうね(笑)
ライブでミュージシャンがしているイヤホンのようなもの、通称「イヤモニ」、多分「イヤーモニター」の略でしょうかね。

ライブが行われる時、ステージ上ではいろいろな楽器があります。ドラム・ベース・ギター・キーボードそれにボーカル、etc・・・・。

ドラムは元々鳴っている音量が大きいですが、EベースやEギター及び電気を使ったキーボードは
専用のアンプを鳴らすことによって音を増幅し、大きな音でモニターしてバランスを取っていました。
しかし生ピアノやボーカル等の生楽器は元々出音が小さいので、マイクで拾いそれを増幅しなければ聞こえなくなってしまいます。
そのため、PAシステムではステージ上の各プレーヤーが適正な音量で各々の楽器の音を
モニターできるようにステージ上のモニターシステムが発達していきました。

これまでは各プレーヤーの足元にスピーカーを置いて(俗に言うコロガシ)モニターしていました。
しかし近年では、スタジオでのレコーディング時にヘッドフォンを使いモニターするのと同じように、
直接イヤホンでモニターするシステムが普及してきました。これがイヤモニです。

最近の音楽の種類によっては、ミュージシャンが実際に演奏する楽器だけでは表現できない時に
他の音源に合わせ一緒に演奏することも多々あります。
この時に、質問者さんも言っているようにメトロノーム的なクリック音を聞きながら演奏することもあります。

イヤモニを使用する利点としては、ステージ上にコロガシが無いため、ステージ上の音量が確実に下がります。
そのため各マイクへの「カブリ」が減り、PAのエンジニアは音作りがとてもやりやすくなると思われます。
それにイヤモニはワイヤレスのため、各プレーヤーが動き回れる自由度が確実に増えるとも思われます。

ただ昨今、ipod等のミュージックプレーヤーの音量制限が話題になっているように、耳への負担が心配されます。
BACK